ウナギのススメ〜三島 四季の味中野 他〜

ウナギブログ久々になってしまいました。

このウナギブログを書き始めてからというもの、

「鰻」

の文字を見つけるたびに

「食べなくては」

と思う幸せな日々。

僕はとことん鰻が好きだと再認識した次第でございます。

そんな今回は、なんと鰻屋さんの鰻を紹介するわけではありません。

今回は番外編!

最近衝撃を受けた、三島広小路近くの居酒屋さんの鰻と、

駅弁の鰻をご紹介。

四季の味 中野

まずは三島広小路にある四季の味 中野

こちらの居酒屋、以前来た時に海鮮類やその他のおつまみも美味しかったので、

北海道からエクスマ合宿に来ていた、めぐっちょさんのおもてなしのため、

伊豆長岡の杉山商店のスギちゃんと共に行って来ました。

「伊豆のモノを食べたいのですが・・」

とお店の人に言ったのですが、

海が荒れていて漁ができなく、残念ながら駿河湾さんのものが少ないとのこと。

その中で選んだこちらのメヒカリの唐揚げは絶品でした!

(写真のメヒカリの頭が逆なのはご愛嬌・・)

以前も食べたことがあるのですが、やはり美味い。

メヒカリって他の地域じゃあまり食べないんですってね。

こんな美味しいものを・・。

中野のうなぎの塩焼き

って話がメヒカリに持っていかれそうですが、お店の方から

「あっ、うなぎは三島のうなぎだよ。塩焼きだけど良かったら」

って言われて、即注文。

塩焼きって白焼きのことだろな・・

なんて思っていましたが、来てビックリ!

何と関西焼きだったのです。

こちら、鰻の塩焼き2500円!安い!!

以前のうなぎブログにも書いたのですが、三島は基本的に関東焼。

白焼きにして蒸しているフワフワなアレです。

三島で関西焼?

何で?って思ったけど、とりあえず食べますわな。

感想は・・・メチャメチャ美味い!!

もうビックリした!

こんな美味いの?って。本気でそう思いました。

身にギュッと味が濃縮されていて、お酒に合うんですよ。

皮はパリッと身はフワッとしているので、食感も楽しい。

更に塩焼きなので、しつこくなくまた鰻本来の味もしっかり感じることができるという。

しっかり焼いてあるため、香ばしさも心地よい。山葵もよく合う。

今まで関西焼を毛嫌いしていた自分が恥ずかしかったのです。

ここ最近じゃ一番衝撃的な食べ物でした。

そしてこの時の出来事が、僕を大阪のうなぎ屋へ向かわせるのです。

その詳細は次回のウナギブログにて!

ちなみにこちらの中野さんの大将が

「関東焼が好きじゃない」

との理由で関西焼なんだそうです。

みしまぶし

新幹線三島駅の売店にも鰻弁当が売ってあったので購入してみました。

こちら「みしまぶし」というお弁当。

1つ1400円。

駅弁はお値段が全体的に高いです。その中では普通くらいの値段設定かなと。

他の方と同じ状況にした方が良いと思ったので、アサヒスーパードライを。

決して飲みたかったわけではなく、ブログのためです。

ダイエット中ですが、ブログのためです。

ブログ書くのも決して楽ではないのです。はい。

鰻は4切れ入っていました。

タレが絡めてあるご飯の上に、錦糸卵と刻み海苔が乗っていて、

その上に鰻という構成。

鰻は意外と(と言ったら失礼ですが)柔らかく仕上がっていて、

タレが絡めてあるご飯との相性は抜群!

個人的には山葵があれば最高でした。

量は若干少なめかな。男性は物足りないかもしれません。

全体的に高い駅弁の中では、コスパが良いと感じました。

ただ、これを2つ買うなら鰻屋で鰻重を食べた方がよさそう。

あくまで新幹線の中で食べるなら十分というレベルです。

でも意外と美味いですよ。

三島から帰る新幹線の中で食べてみてはいかがです?