鮎のお刺身が美味しいのはご存知?はなぶさ旅館名物”鮎の姿造り”は超絶オススメ!

鮎のお刺身って食べた事ありますか?

夏の川魚の代表格「鮎」

焼き魚の姿を想像する人が多いはず。

鮎の姿焼きも美味しいですよね。化粧塩して、こんがり焼いた鮎を蓼酢で。

ええ、最高ですわな。

でも、はなぶさ旅館の鮎はお刺身で。

何故か?

はなぶさ旅館の鮎は、お刺身で食べられるほど鮮度が良く美味しいから。

よく考えてみてください。鮎の塩焼きってどこでも食べられますよね?

  • 東京の居酒屋だって
  • 田舎の旅館でだって
  • 祭りの出店だって

それじゃあ、せっかく伊豆に来た意味がない。

だから、はなぶさ旅館の鮎はお刺身で。それも姿造りで。

ぶっちゃけ、めちゃめちゃ美味しいです。

ココでしか食べられない味を

以前は、はなぶさ旅館でも鮎は塩焼きでご提供していました。

それまでの冷凍の鮎をやめて、地元の養殖場で育てている最高に美味しい生の鮎を、その日に仕入れるように。

もちろん味は相当美味しく、お客様からも大好評でしたが、なんだか自分の中でしっくりこないものが。

「せっかく高い仕入れ値をかけて、最高に美味しい鮎を仕入れているのに、何だか普通だな・・」

という思いが。

冷凍鮎から考えれば、仕入れ値は倍以上。

では、倍以上の感動をお客様にご提供できているのか?

ふと、「チョット刺身で食べてみるか」と思い、鮎を三枚に卸して皮を引いて食べてみてビックラこきました。

香りが高い鮎は、刺身にしてもその香りは損なわれず、鼻から抜けていきます。気持ち良いくらいに。

そして程よく乗った脂は、醤油浸すと醤油の表面に脂が浮くほどのノリ。

淡白ながらも、しっかりと味のある味わいが素敵。

正直、鮎のお刺身がこんなにも美味しいとは思っていませんでした。

「刺身にして問題なかった」

ではなく

「鮎の刺身の美味しさを、ぜひ知ってもらいたいから」

という気持ちで、鮎のお造りを提供することにしました。

9月までご賞味いただけます

鮎の姿造りは、毎年9月までご提供しています。

段々と身が大きくなって、味わいも変わってくる鮎。

脂のノリも、どんどん良くなっていきます。

正直8月いっぱいが鮎の旬ですが、楽しみにしてくれているお客様のために、9月までご提供します。

もちろん、移転先の「富嶽(ふがく)はなぶさ」でも献立に入れる予定です。

お楽しみに!

(移転情報は↓)

【大切なお知らせです】”陶芸の宿はなぶさ”は6月に移転します。 新施設の情報や、現施設の今後などを綴っております。 突然のご報告、誠に申し訳ございません。よろしくお願い致します。

今年は、ゴールデンウィーク中もご提供しております!

鮎の刺身の美味しさをご賞味あれ!

はなぶさ旅館のご予約をお考えの方は、コチラのブログがオススメ↓

はなぶさ旅館に、ご宿泊いただいたお客様が、当館の感想などを綴ってくれました。 HPからは伝わらない印象、ウェブ上のレビューからは伝わらない感想などを、泊まった人ならではの目線で、細かく、主観的に書いてくれてます。 「ご宿泊をはなぶさ旅館で」と考えていただいているお客様の、ご参考になればと。
旅行の予約は、色々なサイトがあってどこから予約しようかと迷いますよね。 宿の予約は公式HPからの予約が一番です。 何故公式HPからなの?を説明しているブログです。はなぶさ旅館の予約は公式HPからお願いします。