はなぶさ旅館のおにぎりが「焼きおにぎり」な理由

記事とは関係ないですが・・・

宮里藍ちゃんが先ほど引退しましたね。

18Hで泣きそうになっている藍ちゃんを見て泣きました。

確か学年は1つ下だったかな。すごいよね。

宮里優作の初優勝の時も泣きました。

宮里兄妹には泣かされっぱなしです。

ちなみに宮里優作に似ているとかなりの人に言われたことがあります。

ご存知ない方は「宮里優作」でググってください。

あとYouTubeで「宮里優作 初優勝」で検索してください。

泣けますよ。

泣きたくなる時はこの映像を見ることにしています。

はい、どうも優作です。

台風は来るんですかね?

台風の進路が気になりますが、

そこまでキャンセルが増えなくて安心しました。

本日も団体のお客様を含め満館です。

団体のお客様から、別注でおにぎりのご注文をいただきました。

ちなみに当館のおにぎりは焼きおにぎり。

今回は「高菜焼きおにぎり梅干し入り

おかかも入っていて最高です。

塩ではなく濃口醤油で味を整えるのもミソ!

はぁ~美味そう。。

ダイエット塾のトレーナー「油田マッスル」もK奮しております。笑

ちなみに

おにぎりって食中毒が出やすいモノの一つ。

握ってからすぐに食べていただけるなら大丈夫なのですが、

旅館の宴会はお食事までしっかり出ます。

そして2次会まで終わってから、

小腹が空いておにぎりを食べるという流れが多いです。

つまり握ってから口に入るまでの時間が長いのです。

次の日の朝に食べたりしたら最悪です。

そしてそれはお客様次第だという事。

やはり作り手はそこまで意識して作らないといけないです。

最悪の状況を考えて作るのです。

美味しいモノと安全なモノ

「美味しいモノ」を提供する事は大事です。

でも一番大事な事は「安全なモノ」を提供する事。

美味しいけど食中毒になるかも・・・

ってものはウチでは絶対出しません!

故に生の貝類は基本的にNG

焼き霜にするか、さっと湯にくぐらすか。

でも基本的には使いません。

貝類の食中毒は予測できません。

いわゆる事故なのです。

しかし宿としては責任を取らなければならないし、営業停止にもなります。

何よりもお客様が迷惑を被ります。

レバ刺しはうまいです。

生牡蠣も美味いです。

とりわさも美味いです。

でも安全ですか?

万が一にも安全が確証されないのであれば、当館では出しません。

「美味しい」よりも「安全」

食べ物に携わる人間が一番大事にしなければいけない事だと思います。

ってことで、おにぎりは焼きおにぎりにするのです。

具も梅干しという傷みづらいモノを選ぶのです。

長々と書いたんですが、結局言いたかったのは

「はなぶさ旅館のおにぎりは焼きおにぎり」ってこと。


Facebookの記事を書いていたら

筆が乗って?というかキーボードが乗って?文字数が多くなったのでブログにしました。

という僕のFacebookこちら。よければ覗いてみてね。